© KOBAYASHI MAKI DESIGN WORKSHOP & KEIO UNIVERSITY SFC HIROTO KOBAYASHI LABORATORY   All rights reserved.
 

コゴン村保育園

2014​ / フィリピン ボホール島

コゴン村は、度重なる震災や台風により大きな被害を受けたフィリピンのボホール島に位置する、人口約700人の村です。JICAから一部資金提供を受け、 倒壊した保育園を復興する計画が立てられました。

 

建物の骨組み部分は、パソコンデータに従って自動的に機械カットされたべニア合板のパーツを、同じくべニア板による楔のパーツでジョイントする、独自の構法で建てられています。現地での合理性を重視し、一切接着剤・釘・電動工具を用いることのないシステムです。慶應義塾大学の学生だけでなく、村人たちとの協働作業とするため、地域の子供たちやその家族と、同じ構法でおもちゃをつくるワークショップを行うところから始めました。骨組みに対して取付ける、建物の外皮となる素材には、現地の竹を編んだパネルを用い、気候や伝統建築に馴染むデザインを目指しました。

TEAM: JICA青年海外協力隊(スポンサー)、慶應義塾大学SFC小林博人研究会(設計施工)、小林・槇デザインワークショップ(設計施工)、今本啓一(強度試験)、鈴木啓(構造)、Bohol Island State University(施設提供)、地域住民(施工)、他