© KOBAYASHI MAKI DESIGN WORKSHOP & KEIO UNIVERSITY SFC HIROTO KOBAYASHI LABORATORY   All rights reserved.
 

チャリコットべニアハウス

2015​ / ネパール ドラカ州

チャリコットべニアハウスは、シングルファミリーに対応した家のプロトタイプとして、2015年のネパール地震の被災地、ドラカ州チャリコットで建てられました。伝統的なネパールの家はレンガや石を主な建材とするため、壁は重く柔構造となっておらず、今回のような被害を招いてしまっていました。本プロジェクトでは、合板を用いて軽量で柔軟性の高い構造フレームを採用することによって、地震活動の活発な地域に適した工法を追及しました。

 

チャリコットベニヤハウスは、慶應義塾大学の小林研究室が中心となり、チャリコットの合板メーカーと協同して作られました。コミュニティフォレストから取れる現地の木材を使用し、ネパールの震災からの復興と回復にむけ、地域の人々が一体となって建設工事が行われました。

TEAM: 慶應義塾大学SFC小林博人研究会(設計施工)、小林・槇デザインワークショップ(設計施工)、鈴木啓(構造)、Dolakha Plywood Inc.(プレカット、施工テスト)、地域住民(施工)、他